Tada Usagi

彼氏に勝つための女力blog

20代女子がナルシスト彼氏にかつ勝つための戦略を練っていくblog

勝手に語る、眉毛のこだわり

 

 

 

メイクの中で1番アイブロウが難しい。

綺麗な曲線も、自分に似合う色や濃さトータルバランスが問われるからだ。

いわば芸術作品なのだと思う。

 

難しいが、その分顔の印象が変わるし垢抜ける。

メイクをし初めて10年以上経ったわたしが辿り着いた答えがこれ、

 

パウダー&リキッドである。

 

KATEのベストセラーのパウダーではない。

眉尻に綺麗な線が描けない。

 

 

 

意外とこの2wayタイプは少ない。

KATEで買ったりViseで買ったりもしたが

次の買うときになかったりする。

今回はファシオ。

 

あとセルフ脱色で顔が明るくなる。

よく見ると金だけど金の印象は与えない。

 

 

そう、わたしは勝手に眉毛について語る。